キツツキと雨

 

ひと月まるっと映画館へ足を運べなかったせいで、
観たいと思っていた映画の何本かは
すでに上映終了してた。
うぅ~ん、回転が早いなぁ~。

どんどん新しい作品を上映してくれるのは嬉しいけれど
同時に、かつての名画座のような
時期外れの作品をかけてくれるシネコンなんてのも
あったら嬉しいんだけど…。


観たい作品数あれど、今回選んだ一本は
『キツツキと雨』。

役所広司さん演じる無骨なきこりと、
小栗旬くん演じるコミュ障の若手映画監督との
交流を描いた作品である。

小栗旬くんと役所広司さん主演にもかかわらず
かなり小粒で地味な印象だ。


古い邦画のように丁寧な展開で、地味でおとなしい冒頭。
小栗くんが登場するまでの数分間は、
「あれっ?失敗しちゃったかな…」と思うくらい何も動かない。

だけど…
役所広司さんがゾンビの格好をさせられたあたりから
じわじわぁ~っと面白さがにじみ出てきた。

なに、この映画(笑)?!

細かい表情のひとつひとつが面白くて
役所さんから目が離せない。
それに呼応するかのように、小栗くんや他の登場人物たちも
それぞれに体温を感じさせていい動きをしてる。

活きた映画だなぁ~♪


ここ数日、仕事に追われ
会社との関わり方に疑問をもって悶々と過ごしていた僕。
与えられた仕事は一所懸命にこなしていたが、
そもそも「こなす」ような仕事のやり方ってどうなのか…?

どんなに尽くしても、小さい会社は個人を守ってはくれない。
ならば、できる範囲で頑張りはするが
テキトーに距離を保っていくのが得策なのではないだろうか。
…と、人間不信ならぬ会社不信になっていたのだが…。


この作品を観て、少しだけ
そんなガッチガチになってた気持ちがほぐれた。

人との出会いを、活かすも殺すも自分次第。
気張ったところで、そ~んなに変わらないかもしれないんだから
やれる範囲でやっていこう!
そして、僕も誰かにいい影響を与えられるような仕事がしたい!と♪


映画製作の裏側を覗き見る面白さ。
取り立てて大きな事件はおこらないものの
人と人との関係によって、お互いがほぐれていく心地よさ。
「SAKEROCK」のリーダー・星野源が歌う主題歌『フィルム』もイイねぇ〜♪
歌詞が沁みる(〃'∇'〃)!   こんなにステキな映画と、いいタイミングで出会えて良かった!!
 

藤子キャラ言えるかな?

 


2012.1.29.3:00
ニコニコ動画に
「藤子キャラ言えるかな?」という動画がアップされた。

藤子・F・不二雄と藤子不二雄A
両先生が描かれたマンガのキャラクター151体が
軽快な曲とともに次々と現れてくるという動画だ。

ドラえもんやパーマン、オバQ、怪物くんやハットリ君などの
メジャーどころはもちろんのこと
一般には、あまり知られていない作品も続々登場。

両先生のキャラクターが一緒にいること自体が
「藤子不二雄」好きにはたまらない競演なのです♪


この動画は、
キトさんという大学生の青年が去年の6月に企画立案。
それに賛同した多くの藤子ファンたちが携わり
イラストを描き、動画を作り、歌詞や曲まで手作りしたもの。

制作途中にその企画を知った僕は、twitterを通じて彼にアクセス。

大好きなパーマン2号の担当は
すでに決まっていたので残念だったけれど、
他のキャラクターを何体か描かせてもらった。

ちなみに僕の担当は、
ウメ星デンカの
「デンカ」「王様」「お妃様」「ベニショーガ」「ナラ子」
120129narako←ナラ子(ボツバージョン) プロゴルファー猿の 「猿丸」「大丸」「中丸」「小丸」「剣崎健」「紅蜂」「ミスターX」 バケルくんの 「バケ左衛門」「オボロ」「ユメ代」「トロン」 「バギーちゃん」「熊虎鬼五郎」「中年スーパーマン左江内氏」 「流血鬼の3人」「ヒョンヒョロ」……けっこう描いたな(笑)。 ちなみにヒョンヒョロ→120129_hyon-hyoro

青年の夢に乗っからせてもらい まるで文化祭のような、楽しい気持ちを味わわせてもらいました♪ 完成動画の出来が、これまたスゴくてびっくりで感涙! 「藤子キャラ言えるかな?」は YouTubeでも見ることができるので いろんな人に見てもらえたら嬉しいなぁ♪ そして…先生方が喜んでくれたなら、こんなシアワセはないのだぁ〜!!  

ロボジー

 

おもしろかった!

なんと、あのミッキーカーチスが
(今回は「五十嵐信次郎」名義だが、本名ではないw)
よぼよぼのお爺ちゃん役というだけでも
見所というもの。

いろんな邦画に引っ張りだこ
吉高由里子ちゃんの
安定のコメディエンヌぶり♪

そしてこれまた安定の
ほんわか役者の濱田岳くん。

人生の孤独や悲哀など、
ふつうは重くなりがちだし
あえて深刻に描きたくもなるようなテーマを
コメディに絡ませて描いた矢口史靖監督のみごとな手腕♪

エンドロールのちょっとレトロなイラストも
すごくいい感じなので見逃すべからず!


…と、おしなべて面白かったものの
なんとなく薄味感が否めないのはどうしたものか?

観ている間はけっこう笑えた気がするんだけどなぁ…。

 

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

 

おおっ、トム!つ、ついにやったなー!
M:Iシリーズ4作目にして、やっと素直に楽しめる娯楽アクション映画やー♪

前3作はことごとく裏切られた感が否めなかったため
今作を観ようか、かなり躊躇したのだけれど…
よかった!これは正月映画として見事なできばえだよ!!

安易な内部の裏切りなどはなく、
チームでミッションを遂行するという
本来の面白さが満載。
スタイリッシュなはずの秘密兵器がお笑いの要素として使われ
身体を張ったアクションで魅せるというのは
トムのミッション・インポッシブルならではの見所でもあるね。

コメディ要素とシリアスさがイイ具合に配置され
むしろトム・クルーズの格好良さが
今まで以上に際立っていたようにも思える。

今回のチームは
クールな美女っぷりが熱い
ジェーン・カーター役のポーラ・パットン♪

『宇宙人ポール』での記憶も新しく
なんともトボケた面白さで笑わせてくれる
ベンジー・ダン役のサイモン・ペグ。

秘めた過去を臭わせるウィリアム・ブラント役の
ジェレミー・リー・レナーと、
地味ながら絶妙にウマい配役っぷり!


このシリーズで、こんなに素直に楽しめて
スッキリしたのは初めてだよ!!

歴史に残る作品かっちゅうと微妙ではあるけど
映画館で観て損はしないと思うなぁ〜♪

トム〜、かなり長〜い道のりだったけど遂にやったね!!

 

ニューイヤーズ・イブ

 

2012年です!
ドリカムの曲『時間旅行』の歌詞にあった
「2012年の金環食」の年ですよ!
その曲が収められたアルバム『WONDER3』は1990年の発売だから
あれから22年も経っちゃったんだぁ。

一人の人間が立派に成人する時間を過ごしながら
まだまだ子供とは、あらあら嫌だ(市原悦子さん風に)。

…はい。
元旦には映画を観られなかったのだけれど、
今年もいっぱい好きな作品に出会えますように♪


そんなこんなで新年一本目の映画は
『ニューイヤーズ・イブ』!
大晦日が舞台の作品なんだから、
年末に観ればよかったかとも思いながら。

うん、面白かった!
こういう群像劇、好きなんだよねぇ~。
『ラブ・アクチュアリー』とか『バレンタインデー』とか
以前にも幾度となく観たことがあるような、ありがちな設定だけど、
ありがちな設定ということは
ハズレのない設定…なんじゃないかな。


別になにかをしなくちゃいけないわけではないのに
なにかやり残したことがあるんじゃないかと
気ばかり焦ってしまう大晦日。

この映画は、
様々な人たちの大晦日を描きながら
諦めて嘆いてばかりいないで
まず行動しちゃおう!という気持ちにさせてくれる。

もちろん、すべてが想い通りにいくことはなくても
行動した達成感に満たされる部分が爽快で、
とてもイイ♪


なんだか、今年も頑張れそうな気がしてきたなぁ〜。
あえて新年に
『ニューイヤーズ・イブ』を観てよかった!!

 

宇宙人ポール

 


今年最後に観る作品は何がイイかなぁ~?と悩み
数ある作品のなか
『ニューイヤーズ・イブ』との2択にして選んだのが
この作品『宇宙人ポール』。

いろいろ大変なことの多かった2011年も
最後は思いっきり笑って過ごしたかったんだよねぇ~♪


いやぁ~、笑った!
そして楽しかった!!
この映画、好きやーーーー!!!!

僕は『ギャラクシー・クエスト』が大好きなのだが
あの作品と同じように
ぐいぐいツボを押されまくりやがり!

ベタなネタから
シニカルなものまで
まるで笑いのテーマパークやぁ~♪


クセの強い登場人物たちが入り乱れ
ドタバタを繰り広げていくうちに
こきたない見た目の主役・中年オタク2人組が
なんだか可愛く見えてくる始末(笑)。

宇宙人といえばこの人!という大物女優(ホントに背もでかいね)の
出オチもまた嬉しい!!!

テンポよく、小気味よく
最後には爽快感さえも漂わせる怪作!
素晴らしく楽しい作品でしたー♪

2011年の映画鑑賞は、これでおしまい。
来年は明るい年でありますように!!

 

藤子クラスタのオフ会に参加したよ!


色々あった一年を振り返る間もないくらい
忙しかった年末も、やっと仕事納めじゃー♪

休日出勤やら体調を崩したりしたせいで、
忘年会をキャンセルしたり
ヨガへも思うように行けずでストレスが溜まる溜まる。
もちろん映画もまったく観られなかった。

あと3日で今年も終わろうとしているのに
大掃除にも年賀状にも手付かずだけど、
除夜の鐘を聞きながら年賀状を書いていた年もあるから
ま、いいか。

生きてさえいれば
なんとかなるでしょう♪


そんな忙しさが一段落した先日のクリスマスに、
Twitterで交流のある
藤子クラスタのオフ会に参加させてもらった。
自分の子供と言ってもおかしくない若者たちの集いにも関わらず、
みんなすごく快く迎え入れてくれた。…と思う(笑)。

初対面でも、
いつもTwitterで話している感じと変わらず
まるで前から知っているかのような不思議な感覚。

当たり前だけど
みんな、ホントに実在の人物だったのだー(o^∇^o)ノ!!
生きてる!動いてる!!
 
『まんが道』でトキワ荘に集った若き精鋭たちって
きっと彼らのようにキラキラ輝いていたんだろうな〜♪

藤子不二雄両先生の作品に魅了された
年代を超え距離を超えて結びついた人たち。
デジタルも、使い方しだいで
たしかな繋がりを育むことはできるんだねぇ〜。


与えられた仕事をこなすだけになってた年末だけど、
彼らから目映いパワーをもらい
初心に帰って仕事に取り組む気合いがはいったゾー!

映画 怪物くん

 

ピキピキ、ドカァーン!じゃぁぁぁーーーー!!

漫画の実写化を云々言うなら
最初から観なければいいだけの話しである。

かといって、それを避けては通れないのも事実。
テキトーに映像化されて嬉しい原作ファンはいないのだ。


藤子不二雄A原作の漫画『怪物くん』は、
怪物という異形の存在に
悲哀を感じさせないのが魅力だ。
ダークな世界観ながらナンセンスに徹して、
ドタバタのスラップスティックギャグを繰り広げる。

そういう意味では、この実写版は
絶妙な配役なのかもしれないが、
いくら大野智くんがベビーフェイスとはいえ
怪物くんというキャラクターには厳しいよなぁ~。

作品中でもしきりに言われていた
「わがまま」な性格。
子供だと笑えるものでも、
大人にやられると可愛げがなく
観ていてイライラするだけだ。
もちろん、そのわがままの裏に見え隠れする情の厚さが
表現されていたならば良かったのだが、それも曖昧…。


アニメの唄をカバーした主題歌と挿入歌
「ユカイツーカイ怪物くん」や「おれたちゃ怪物三人組よ」が
イマイチしっくりこないのは、
この映画がドタバタコメディになりきれていないからだろう。
かと言って、TV版 西遊記のように最後に「ガンダーラ」を流して
涙を誘うようなつくりでもないという、非常に中途半端な感じ。
むしろ、嵐が歌う「Monster」のほうがしっくりくるのだから
そんなイメージの作品にしちゃえば良かったのにな。

せっかくの個性的なキャラクターたちが
ちっとも個性的に動けていないのも敗因か。

僕は実写版のテレビシリーズを見ていなかったのだけれど
こんな感じだったのだろうか?
これで評判が良かったのだとしたら
ただ単に、僕には合わない作品だったというだけだ。


この映画を観てよかったことは、
来春の『映画ドラえもん のび太と奇跡の島』の予告編を観られたことだな…。

 

ランゴ

 

うぅ~ん、玄人好みとでも言うんだろうか…。

子供騙しではなく、
最初から子供は相手にしていない世界観は
素直に「こりゃあ面白い!」と言わせてくれない感じ。

シュールでローテンション、
そして異常なほどのハイクオリティ。

画面の端々から映画作りへのこだわりが
伝わってくるようだ。


…だけど、
それを好きかどうかは別次元。

作り手が満足するものと、
一般人が観て楽しめるものとには隔たりがあるということか。

残念ながら僕向きではなかったなぁ。


 

花に包まれる

 

花に包まれるなら何がいいだろう。

色も香りも豪華な薔薇や、
大人っぽくトルコキキョウ?

桜の花びら…なんてのも粋かな。

いや、僕だったら
色はシックで、
ふんわりといい香りに包んでくれるような
そんな花がいいな。


親友のお父さんが旅立った。

たくさんの菊の花に包まれていく穏やかな寝顔。
あまりに白く清らかな香りに、涙が出た。


家族に見守られ、
花に包まれて旅立てること。
たったそれだけのことが、
とても有り難く、幸せなことなのかもしれない。

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ