2004年06月

海猿

2d6ace01.jpg
泳ぐいかにも、
フジテレビが絡みました的な作品。
それでも原作のパワーなのか、
グッと掴まれるような内容。

一所懸命に突っ走る男達の熱さに
若干、朦朧となりながらも
手に汗握る展開から目が離せない。

未だにチビノリダーのイメージがかぶってしまう
伊藤淳史くん演じる工藤始の、
真面目だけれど追いつけない歯がゆさ。
必死にやればやるほど浮き彫りになる体力の限界。

人には向き不向きがあるけれど、
努力してもどうしても越えられない壁。
生きるか死ぬかの最前線においては
情けが仇となるので、一切の妥協は許されない。
厳しい世界だなぁ。

主役の伊藤英明演じる仙崎大輔と、
海東健演じるエリート・三島優二との確執は
お決まりの感じがして観ていて不愉快。
これじゃあ、ひと昔前のスポ根だ!
まぁ、それがないと感動の救出劇には結びつかないんだけど…

エンディングで『2』を示唆する予告?が流れたけれど
次作はスペクタクル超大作になっちゃうの?!

ところでさぁ…、食堂の杏子は
浮いてなかった?

CAMP

315b741a.jpg
拍手おぉ~…
のっけからゴスペルミュージックで盛り上げるねぇ~。
サマーキャンプという経験はないのだけれど
思春期にああいう機会がもてるなんて羨ましいなぁ。

もちろん映画のように
すべてが上手く行くわけではないんだろうけれど…

子供達がそれぞれに抱える問題は
個人レベルでは、生きるか死ぬかの大問題。
それを解決していくのは
まず自分であり、家族。
そして、支えてくれる
かけがえのない友人達。

大人になると、
友達に寄り掛かるわけにはいかなくなるから
まさに貴重な時期なんだよね。

登場人物達にシンクロしながら歌われる
ミュージカルナンバーがいいね!
ステージのシーンも充分楽しめるし!!

全体に小ぶりな印象なんだけど、
なんともいえない爽快感がこころに残って
ホント、観てよかったぁ~!
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ