2004年08月

NIN X NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE

31b8e930.jpg
ごはん走る走る走る走る走るダッシュ藤子ファンとして
押さえておかなければ。
と思い観ちゃいました。

最初から文句を言うためだったような(笑)。

オープニングのアクションシーンから「へこっ!」。
つかみがこれでは、先が思いやられる感じ。
ひっどいCGだなぁ。
時々入るモノトーンにカラーバックの止め絵は格好良いな。
まるで日曜朝の子供向けドラマを見ている感じ。

んでも、まてよ?

観ているうちに香取くんの表情が
ハットリくんに見えてきたぞ。
ん?案外ハマっているかも。
ケンイチ氏との対話もなんだかいいぞ。
ゴリ演じるケムマキも、この映画の中ではイイ奴。

不覚にも、最後にほろり(笑)。
グッジョブ!

いやぁ~、よくぞここまで料理なされた。
拙者、感服でござるよ。ニンニン。
ただ、これだったら
ハットリくん原作の意味ないのでは…?

主題歌の何が許せないって、
「忍者でごっざっる♪」と歌うべき部分が
「忍者でご~ざ~るぅ~」なのが許せないでござるよ! 続きを読む

誰も知らない

d4cc592c.jpg
怒り悲しいランドセル実は予告編の小泉今日子の朗読で、すでに泣いちゃったんだ(笑)。

子供が出る映画には
もともと弱いんで、きっついなぁ。

本編。
子供たちのけなげな表情が
まったく演技に見えない。可愛いなぁ。
YOU演じる母親の、
自分勝手だけど愛らしい感じも憎めない。

けれど話しが進むうちに、
涙を流すような映画ではなくなってくる。
とても、渇いている。
感情が行き場をなくしているかのようだ。

すさんでいく部屋。
蒸し暑さと苛立ち。
ただ生きることの厳しさ。

そして、ショッキングな展開を向かえ
寄り添うように響く、タテタカコが歌う「宝石」。
こんなに救いがないのに
朝日に包まれた街がとても綺麗だ。

観賞後、抗うことのできない怒りに包まれて
異常に攻撃的になった自分が残った。
みんなに観て欲しいけれど、観て欲しくもないなぁ。


後日、この映画のもとになった事件の詳細を読んだ。
映画では描かれない恐ろしい現実が、
これからの世の中への警鐘とならないように
祈らずにはいられなかった…。 続きを読む

バイオハザードII アポカリプス

6c78f7c6.jpg
ウインクドクロ走る注射まず、予告編が面白いッス!
劇場では少なからずざわめきが起こってた。
映画のシーンは「1」のエンディングだけしか
使ってないんじゃないかな?


さて、本編は「1」とは別物だね。
かなりグレードアップした感じで、このドキドキ感好きだな。
前回ひどかったゾンビの表現は改善(笑)。
ゾンビ犬は相変わらず強くて、恐ろしい。
これでもか、これでもか…と、てんこ盛りで激しく話しが進むので
妊婦の友達が胎教に悪い。って言っていたのもうなづける。
ってか、普通妊婦が選ぶ映画か(笑)?

途中まで主役なみの活躍をみせるジルが、
まるでCGキャラクターかのような凛々しい容姿で良かった。
でも、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスが登場してからは
影が薄くなっちゃって残念。
アリスの圧倒的な強さとアクションには大興奮!

ネメシスとは、ちょいと切ないシーンもあり。
おいら、こういうのに弱いんだよなぁ~。

んで、やっぱり続くのねん(笑)。 続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

bd8f10d9.jpg
幽霊ネズミ猫鳥木密度が濃いですなぁ~。
全編にダークな香りが漂って、ドキドキ度アップという感じ。
その分、ワクワク感が弱まってしまったような…。
まぁ、内容がそういうものだから仕方ないか。

主役が迷っていると、
観ているこっちも気持ちがアンダーになってしまうんだよねぇ~。
第二次成長期の鬱屈とでもいうのでしょうか。

新しいキャラクターが今回もてんこ盛りで、
それぞれに謎めいた部分が多過ぎてちょっと疲れちゃった。
グリフォンはすごく格好良かったなぁ。

ちょっと行動が怪しいハーマイオニーが伏線となって
終盤に「ほほぉ~ん」という展開が。
こういうタイムパラドックス的な展開は大好き!
分っててもドキドキしちゃうね。
エンディングも凝っていて、足跡が楽しい! 続きを読む

スチーム・ボーイ

70bf3fd4.jpg
自転車温泉時間をかけて、
丁寧に丁寧に丁寧に作り上げたんですねぇ~。
哀しいくらいに、時間をかけたのがよく分ります。

新しければイイわけではないけれど…

アニメーションの面白さは満載。
特に、どんどん生み出されるヘンテコな機械達は
からくり人形のように親しみのあるもので、
「子供のころに、こんな乗り物考えたよなぁ~」という
郷愁にも似た楽しさがある。

作品全体の色あいが、かなり抑えた渋いトーン。
これ、フィルムが焼けちゃったんじゃないよね。
キャラクターデザインが微妙にかわいくない。
動くとちょっと魅力的になるんだけど。

鈴木杏ちゃんと小西真奈美ちゃんの声は
言われないと分らないね。


なにが悪いってことはない。
むしろ楽しかったと思うのだけど…
映画にのめり込めなかったのが、悔しい!
少年時代に観てたら、きっとワクワクしたんだろうなぁ~
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ