2009年03月

ホノカアボーイ

東京ガスのCMをはじめて見たときは、
市村正親がおばちゃん役をやってる
ドラマ仕立てのCMかな?と思った。

僕が市村正親さんと見間違えたのは
倍賞千恵子さんであり、
『ホノカアボーイ』という作品の映像だと知ったのは
映画公開直前だった。

タイトルを覚えられず
ずっと『ホノア カウボーイ』だとすら思っていた。

味の素のCMかとみまごうくらい
食を前面に出していることもあって
『かもめ食堂』っぽい作品なのかな?と思いつつ観賞。


んん~、これはイイぞっ!!

人間の素朴なかわいらしさと可笑しさ
そして、ちょっぴりのせつなさ!!!!
優しい人間関係が
にじみ出るユーモアとともに描かれていて心地イイ!

ハワイ島で撮影されたという本作は
島の自然光ならでは青みがかった色味や空気感も、
とてもイイ感じだ♪

『かもめ食堂』や『めがね』が
鼻についたり、うさん臭いと思った人でも、これなら大丈夫!

 …たぶん(笑)。


オープニングとエンディングの遠景映像は
アッバス・キアロスタミ監督のジグザグ道三部作を彷佛とさせる。

優しいというか優柔不断。
ナイーブなわりには、鈍いところもある主人公レオには、
外見がイマドキな岡田将生くん。
彼ならではの、はにかんだような
どこか情けない表情と笑顔が印象的だ。

目上の人に対して急にタメ語になったりするのには
すごく違和感を感じたんだけど、
OL旅行者達の会話になってない話し方や
年配の登場人物の丁寧な言葉遣いや物腰などを描いているのをみると
敢えてそういう口調にしたんだろうな。ということが感じられる。

確かに東京ガスのCMでも
岡田くんの「チョ-うめえ!」という口調を
嬉しそうに口真似する倍賞さんのシーンが使われているしね♪


その倍賞さんが演じるのは
拗ねたり、いたずらしたり、
まるで少女を感じさせるくらいおきゃんで可愛い初老のビー。
レオに対しての態度には恋心すら感じられ
こちらまで初々しい気分にさせられちゃった。
素敵だなぁ~♪

喜味こいしさん演じるコイチさんの味のあるセリフの数々が
これまた、すっごくイイんだよなぁ~♪


ずっと食べ続けてるエデリ役の松坂慶子さんや
ハワイの太陽のように
あっけらかんとしたマライヤ役の長谷川潤ちゃんなどなど、
思い出してもにんまりしてしまう濃い人々が生み出す
おおらかな雰囲気に包まれたこの作品。

バニラの香りのグラニュー糖をまぶした
作り立てのマラサダのように
サクッとフワッと、素朴で懐かしい素晴らしい映画です!!!


『かもめ食堂』は相当大好き!
『めがね』は、まぁそこそこ…という感じの僕。

似ているようで全く違うこの作品。
見のがしたら損ですよー!!!!!

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

スタッフ一新から、早くも4作目。

昨年、2008年公開の
『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』は
新スタッフによる
リメイクから離れたオリジナルということで期待したものの、
内容が某ジブリ作品の模倣のようにすら感じられ
僕は全く楽しめなかった。

面白いものを創ろうというリキみか…?
映画ドラえもんの説教臭さいという嫌な面が
おもいきり前面に出てしまった感じ。

原案となったエピソード『さらばキー坊』も
根っこは説教臭い内容ではあるにもかかわらず、
それをサラッと読ませちゃうところが良かったのに。


そして今年は原点回帰。
原作でも旧映画版でも評価の高かった
『のび太の宇宙開拓史』が満を持してのリメイク!!

題して『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』!!!

妙なサブタイトルがついていないのは良いけれど
チラシ左上にいるピンク色の髪のキャラは一体誰?
…と、一抹の不安を抱えながらも観賞。


いやぁ~、よく出来てます!!

スーパーマンになったのび太くんの勇姿と
危険をかえりみず頑張る姿にハラハラどきどき。
時空を越えて出会った、
はるか彼方のコーヤコーヤ星に住むロップル君やチャミーとの友情という、
映画ドラえもんの王道ストーリー。
作画や動きもばつぐんに良いし、見どころが満載なのです♪


と、全体的にはすっごく楽しめるのに、
残念なところが…。

とにもかくにも
香里奈ちゃんが声を演じる新キャラクター/モリーナが
まったく生きてないのが大問題!
それがチラシ左上にいるピンク色の髪のキャラだったのだぁ~!

モリーナのキャラクターに無理があるし、
心の揺れ動きも説得力不足。
単純に彼女は無しで、
ロップル君とお父さんという話しにしちゃった方が
わかりやすく、盛り上がったんじゃないだろうか?

アヤカ・ウィルソンちゃん演じるクレムのセリフ回しは
TVアニメ版『みゆき』初登場時の荻野目ちゃんばりだが、
(若田光一さんのセリフもすごかったが…)
彼女が歌う挿入歌が、映画の世界観にしっくりハマってる。

柴崎コウちゃんが歌う『大切にするよ』じゃなく、
『キミが笑う世界』を主題歌にしちゃえば良かったかと…。
マイクスギヤマさんという方が作詞されたこの曲。
とてもイイ歌なのに、今のところCD化されないようなのがすごく残念!


四半世紀前に描かれた素晴らしい原作をもとに
現在の製作スタッフの方々が生み出した
新しい世代の宇宙開拓史。

懐かしさも手伝い、とても楽しめたものの
完全に蛇足になってしまった新設定のせいで
珠玉の名作とは言い切れないのが残念でならないな。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ