2010年03月

マイレージ、マイライフ

ジョージ・クルーニーにお金はかかっているんだろうけど、
CGに頼らずとも
アイデア次第で、面白い映画は作れるんだよねー!

人生に迷ったときに観たら、きっと気づきがあるかもしれない。
現代人の悩みって、普遍的な悩みなんだなぁ~。と実感。

切なさも漂うけれど、どこか吹っ切れた
希望を感じられる作品でした。面白かった!!

NINE

 PVとしてなら、見所満載!
 女優たちの圧倒的なパフォーマンスが素晴らしい!
 
 特にケイト・ハドソンの「Cinema Italiano」に首ったけ♪
 
 
 …だのに、映画としては不思議なくらい退屈。
  

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

ギリシャ神話もの好きなんだよねぇ~。
現代に置き換えた部分が生きていて面白い。

『バットマン』のポイズンアイビーを彷彿とさせる
ウマ・サーマンのメデューサ好きだなぁ〜♪
でも何故だろう? エピソード自体は楽しめたものの
印象が薄いんだよなぁ~。
クリームの少ないシュークリームみたいな感じ。
あ、エンドロール途中に小ネタがあるので 急いで劇場を出ちゃダメだよ~!

ハート・ロッカー

『2010年度アカデミー賞受賞作品』
ということだけで観に行った人は僕だけじゃないはず。
 
リアルを追求したマッチョな展開と映像。
上映時間131分の緩慢にダラダラと続く緊張感にぐったり。

疲れた…。

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

面白かった!
辛口に言うと、まあ及第点といったところではあるが…。
ずばぬけて楽しかったわけではないものの
ひどいところは見当たらない。

これは劇場を出た後からの感想。

鑑賞中は手放しで楽しかったし、
この作品が映画ドラえもん初体験という人なら
文句無く楽しめる作品だと思う♪

『遠い海から来たあなた』は武田鉄矢さんによる挿入歌という
映画ドラえもんファンにはたまらないプレゼントもあり!
内容とリンクしていない使われ方だったのが惜しいけど…。

ひょんなことから
地上人に良い感情をもたない異世界とつながり、
その世界のゴタゴタに巻き込まれ
ちょっと男勝りのお姉さんゲストキャラ・ソフィア、
生意気だけど気のいいチビキャラ・ハリ坊とともに
5人+1が力を合わせて戦う!

…という映画版ドラえもんの基本炸裂である!


だけど、そのせいだろうか?
完全オリジナルのわりには
どこかで観た感が強い。

テキオー灯の効き目が切れるという衝撃的な展開や
まるで5人を表すような予言などなど
これまでにも使われた設定がチラホラ。

映画ドラえもん30周年ということで
往年作品へのオマージュなのかもしれないが、
使い回し感が漂よわないように
安直な引用は避けてほしかったなぁ〜。

ダラダラせず、クドくない展開は好きだ。

イキイキとしたキャラクターや安定した作画。
メインキャラはもちろん、ゲストキャラの声優さんたちも
すんなりキャラに馴染んでいてイイ感じ。

青山テルマちゃんの歌う主題歌
『帰る場所』のエンドロール後には
お約束の、来年作品を臭わす映像が!
ボール型のロボットらしき物体だったが、あれは一体なに?

鉄人兵団かなぁ~?!


興奮した後ろの席の子どもに
ガシガシ座席を蹴られたり、
落ち着かない子にイライラしたりすることも多いけど
『お父さん、来年も観にこようね!』と
キラキラした目で話す子どもたちを見ていると
来年も子どもに混じって観にこよう!と思っちゃうのだ♪

追伸:今年の入場者全員プレゼントは
   「走って!泳いで!スイスイ!人魚ドラ」
   30周年を記念してなんと30バージョン!!
   (しっぽの色が違うだけだけどねw)

しあわせの隠れ場所

こういう映画、好きだなぁ~!

映画的な演出や脚色はもちろんされてるんだろうけど、
これが夢物語ではなく、実話をもとにしているということに
世の中捨てたモンじゃないと思わせてもらえる。

サンドラ・ブロック主演らしく
とてもテンポよく小気味良い展開♪
ご都合主義と言われそうな部分もあるけど
登場人物それぞれが色々複雑な部分も抱えているということも
ちゃんと臭わせているのがイイ。

人間の深部をえぐり出し
赤裸々に描いた素晴らしい作品もあるし、
そのほうが「イイ映画」という評価を得やすい風潮もあるけど、
そんなのばかりでは映画を観ること自体が辛くなってしまう。

たまに、こういう人間の良心を素直に描いた作品を観ると
僕はホッとするのだ。


善意を押しつけられるのは
あまり気分のいいものではない。

「同情」という言葉には
嫌悪感すら覚えるものだ。

人の善意をうたぐり、うがった見方をすることで
危険を回避せざるをえない昨今。

だけど、
だけどさ、 困っている人に手をさしのべたくなったり 人が喜ぶ顔を見るのが嬉しかったり そういう感情を素直に行動に移せることは、 素晴らしいことだよね。

それをしづらい世の中なんて
やっぱりどこか間違っているとしか思えないよ。

真面目な内容のわりにコミカルな演出も多く 嫌味なくらい温かくて、優しさにあふれた快作でした♪ タイトルで敬遠しちゃうと、損ですよー!! …それにしても、 もっと別なタイトルはなかったのかなぁ~? 原題では難しいのかもしれないけど、 『しあわせの隠れ場所』というタイトルは 僕には全くしっくりこなかった。
 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ