2010年09月

悪人



セリフは少なく、表情も押さえ気味。
だけど、しっかりと感情が伝わってくる。
説得力あるなぁ~。

ヨーロッパ映画にも似た重たい映像も
登場人物の心情と相まって
とても美しい。

爽快感があるわけではないけれど
けっして不快感は残らなかった。


聖人君子でなければ人非人と呼ばれてしまうわけではないし
業に縛られた醜さは、むしろ人間らしいとも言えるだろう。

人を悪人にするのが人ならば、
人を救うのも人である。と
優しく、そして力強く、この作品は訴えかけてくるようだ。


予告編でも使われている妻夫木君の表情ったら。
沁みます!

 

トイレット



お涙頂戴になりがちな題材を
一風変わったコメディ仕立てにしてるところが
好きだなぁ〜♪ もたいまさこさん以外は ほぼカナダ人が演じていることによって どこか非日常の物語にも感じられる。 シュールではないけど、基本はローテンション。 説明はほとんどなく、 表情だけで様々なことを想像させられる。 …っていうか、想像しないとついて行けないし(笑)。 どこかにこういうヘンテコな人たちがいるんだな。 と、受け入れて、楽しむ。 この映画は ただそれだけで良いんだと思う。 それ以上でも、 それ以下でもない、ユルさこそが可笑しく
ク〜ル

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ