2011年07月

デビル (2011年 M・ナイト・シャマラン 原案・製作)

 

今回は原案・製作ということで、監督ではないにしろ
「M・ナイト・シャマラン」と名前があるだけで
観る気がしないという人も多いんじゃないだろうか?

「シックス・センス」ではかなりの支持を得たにも関わらず
それ以降、肩すかしをくらったような印象の作品が続いていたからね。

それでも、今回の『デビル』は面白かった!

期待が高まっての種明かしで
「え?そんなオチなの?そのまんまぢゃん!」ってことがないのが
一番の勝因かも。

だって、最初っから悪魔の仕業だって言い続けてるしね。

よくありがちな
「一番怖いのは人の心の中の悪魔だ!」
というベタなニュアンスも含めて
停まったエレベーターという密室の怖さで
おいらの心臓はバクバクでした。

気分が悪くなるシーンもたくさん出てきたけど
観終わって、嫌な気分にはならないエンディングにほっ。


映画観賞後、同じ劇場から出てきた人と
エレベーターで二人きりに。
…お互い、なんか緊張した変な空気だったな(笑)。

 

マイティ・ソー

 

好き好き、こういうの!
北欧神話をもとにしたキャラクター名を聞くと
聖闘士星矢好きのおいらとしては心が躍る♪

主人公ソーを演じるクリス・ヘムズワースって
日本人には受けなさそうだけど、
アメリカ人受けしそうないかにもな「タフガイ」。
予告編では、主人公の傍若無人さが嫌な感じだったものの
本編では、人間味溢れた表情がすごく魅力的なキャラクターだった。

脇役の描き方しかり。
個々のキャラクターがとても人間臭くて、
細かい所に面白みが出てて、すごく楽しい。

力を持ったものが陥りがちな傲慢さから、
謙虚さを学び、高尚な存在へと変わっていく姿には
学ぶべきところが多いなぁ~。

イマドキの作品にしてはCGがCGCGしていて
大雑把な仕上りにも感じられるけど
物語りや展開が面白く見られれば、僕はそれでいいのだ!

面白かった!

 

コクリコ坂から

 

毎回、ひどいひどいと言いたいがために
観に行ってるわけじゃないんだけど…。

いわゆる宮崎駿作品風のキャラクターが動きだすと
ついつい往年の名作を期待しちゃうんだよねぇ~。
作品の方向性が違うんだから、
もう少し紛らわしくないキャラクターデザインにしたら良いのになぁ。

とはいえ、今回のような地味な作品って
けっこう好きです。
手嶌葵ちゃんが歌う「さよならの夏 ~コクリコ坂から~」
イイなぁ~。好きだなぁ~♪


ただ、アニメで作る意味があんのかなぁ~って
ついつい思ってしまうのも事実。

二度と観たくないわけではないけど
もう一度観たいかというと、そうでもない。


 

アイ・アム・ナンバー4

 

海外テレビドラマの拡大版みたい。

短い時間の中にいろんな要素がてんこもり♪
細かい設定が分からなくても
わかりやすい人物設定なので、なんとなく勢いで楽しめちゃう。

大雑把といえば大雑把なんだけど…。

期待していたアクションシーンは見応えあるものの案外少なめ。
テリーサ・パーマーが演じるナンバー6、カッコいいー!!
もっと見たかったけど、続きは次回ということで。

そう、本作は完全なる序章です。
予備知識なく観た自分は、ちょっと面食らっちゃいました。

こういう作りの作品って、一本目がポシャったら
どうするつもりなんだろうなぁ?

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ