2011年09月

Fの週末

 
110923fujikolove+

9月23日は藤子・F・不二雄こと 藤本弘さんの命日だ。 F先生の墓地がある霊園へは、 電車に乗ればそう遠くないのに 今まで行こうと考えたこともなかったのが不思議なのだが 亡くなって15年経った今年、 はじめて墓参りに行った。 お墓の前には奥様やご親族、 藤子プロの方々などがいらっしゃって 「ファンの方ですか?どうぞ」と 墓前に招き入れてくれた。 「ありがとうございます」と おだやかな物腰で話しかけてくださった正子夫人。 その優しい一言に、 墓参りに行ったらF先生に「あれも話そう、これも話そう」と いろいろ考えていたことが、真っ白に。 ただただ手を合わせて 「先生、ありがとうございます」 としか言えなかった…。 一日おいて、これまた初めての 『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ! 展示室の最後に展示されている、 正子夫人がF先生に宛てられた手紙に、思わず涙。 墓参りをしてから行ったことによって ミュージアムが、ただ楽しいだけの場所ではなく 感慨深い体験になったようです。 F三昧の週末♪ すごくいいシルバー・ウィークでした!  

グリーン・ランタン

 


えぇっ?ホントに緑のランタンなの?!


これだけ登場人物や情報が多いのにも関わらず
本編は小気味よく、スピード感があって面白かった!

ちょっと地味な印象の主人公
ハル・ジョーダン役のライアン・レイノルズを
補ってあまり有る美貌のブレイク・ ライブリー♪
うぅ~ん、素敵だぁ~♪

予告編のCGはかなり微妙に感じられたものの、
本編中では違和感なく、むしろチャチな感じがハマってた。
「グリーン・ランタン」というのが、
ほんとに緑のランタンだというのには呆気にとられたが…(笑)。


最近のヒーローものは、心の闇を描き過ぎて
(それはそれで面白いんだけど…)
ゲンナリしちゃうものが多いけど、
この作品のヒーローはトラウマに潰されず
陰に籠らないのが好印象。

そんな自分の弱さにあらがう姿勢を
「勇気」という言葉で表現する分かりやすさと、こそばゆさ。
その古くささが、かえって新鮮に思えるのだ♪

自分の弱さにつぶれちゃった友達の存在は象徴的で悲しい…。

アメリカン・ヒーローの映画は食傷気味だけど
予想していたより面白く観られました!!

 

うさぎドロップ

 

これ、なかなか面白かったですわ!

原作と違う云々と言われてはいるみたいだけど、
自分は漫画が原作だということすら知らなかったクチなんで
ある意味ラッキーだったのかも。

芦田愛菜ちゃんの人気に頼らず
周囲の人たちとの関わりをしっかり描いているので
素直に楽しめた。
中村梅雀のお父さんと風吹ジュンのお母さん、イイなぁ~♪

松山ケンイチくん演じる大吉が
部屋に女性ファッション誌を置いてることが不自然極まりないし
唐突に入る妄想のダンスシーンには辟易させられたけど…。


「人は見た目じゃわかんないもんだね」

池脇千鶴ちゃんのセリフが
いい意味で伏線になっててびっくり!
SABU監督にやられたよ。
ってか、SABU監督がこういう穏やかな作品を撮るなんて
さらにびっくりだ!!

この映画の中での登場人物たちは
子育てに迷い奮闘しながらも結果ウマくいってる。
現実には、きっともっと色々大変なんだろうなぁ〜。
父さん母さんありがとう(笑)!

現実をふまえたファンタジーとして
前向きであたたかくて、すてきな作品だったなぁ〜♪

 

探偵はBARにいる

 

大泉洋って、
格好つけてもイマイチ決まり切らない面白さとか、
なんだか抜けているのにすごく格好良く見えちゃうとか、
そんな部分がけっこう好きだったんだけどなぁ~。

この作品では、本気で格好つけ過ぎ。
どうも鼻につくキャラクターで、感情移入ができなかった。

松田龍平くんが演じるちょっと変な相棒とも
(瑛太くんと共演した「まほろ駅前多田便利軒」と演技が一緒…)
いまいちウマく絡まず仕舞い。
ウマく絡めばもっと面白くなったんじゃないかなぁ~。

人間を描くかのような設定は散りばめられているものの
場面場面で唐突に感情的になられても心の動きに共感できない。

もっとお気楽で、トコトンおバカで、
だけど最後はぴっちりキメちゃう!みたいにできなかったのかなぁ~。

小雪ちゃんの演技や、妖艶な安藤玉恵(笑)や、味のあるカルメン・マキ♪
今まで見たことのなかったぶっ飛んだキャラの高嶋政伸などなど
見所も多いだけに残念だ。

テレビドラマだったら面白く感じるのかもしれないけど…
僕には北海道の映像よりも、ただただお寒く感じられた作品だったよ。

 

ふたりでひとりの藤子不二雄

 

子供のころから大好きだった藤子不二雄熱が
再燃している。

2011年9月3日に地元・川崎市にオープンする
『藤子・F・不二雄ミュージアム』のおかげか
今年は例年にない関連商品ラッシュ!
本はもちろん、DVDやらフィギュアやらなんやら…。

2年前から刊行が始まっている
『藤子・F・不二雄大全集』の置き場所さえままならないのに
ついつい新たな商品を見ると購入してしまうのだ。
怖いぃぃぃ~!

藤本先生がご存命のころには
グッズ展開は控えめにされていたことを、ふと思い出し
物欲の権化と化した自分を恥じ入ったりして…。
でも、でも、
やっぱり止まらないのだよぉー!

藤本先生、ごめんなさぁ~い!!


話し変わって、
つい先日から始めたTwitterつながりで
久々に藤子キャラのイラストを描いた。

子供のころは藤本先生のキャラばかり描いていた僕が
今まで一度も描いたことのなかった我孫子先生のキャラ
「プロゴルファー猿」を担当させてもらった。

うぅ~ん、難しかったけど
新鮮ですっごく楽しかったぁ~!!!

記憶で描けるわけもなく、改めて読む「プロゴルファー猿」の
なんと活き活きと楽しいことか♪

大人の事情により、
「ふたりでひとりの漫画家・藤子不二雄」が分かれてしまったわけだけど
やっぱり僕の中では「ふたりでひとり」!
あらためて藤子不二雄の面白さに目覚めてしまったようだ。


藤本先生が亡くなって、早15年。
もうすぐ命日ですね。

ふたりでひとりの藤子不二雄よ、永遠なれっ!!

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ