2012年01月

藤子キャラ言えるかな?

 


2012.1.29.3:00
ニコニコ動画に
「藤子キャラ言えるかな?」という動画がアップされた。

藤子・F・不二雄と藤子不二雄A
両先生が描かれたマンガのキャラクター151体が
軽快な曲とともに次々と現れてくるという動画だ。

ドラえもんやパーマン、オバQ、怪物くんやハットリ君などの
メジャーどころはもちろんのこと
一般には、あまり知られていない作品も続々登場。

両先生のキャラクターが一緒にいること自体が
「藤子不二雄」好きにはたまらない競演なのです♪


この動画は、
キトさんという大学生の青年が去年の6月に企画立案。
それに賛同した多くの藤子ファンたちが携わり
イラストを描き、動画を作り、歌詞や曲まで手作りしたもの。

制作途中にその企画を知った僕は、twitterを通じて彼にアクセス。

大好きなパーマン2号の担当は
すでに決まっていたので残念だったけれど、
他のキャラクターを何体か描かせてもらった。

ちなみに僕の担当は、
ウメ星デンカの
「デンカ」「王様」「お妃様」「ベニショーガ」「ナラ子」
120129narako←ナラ子(ボツバージョン) プロゴルファー猿の 「猿丸」「大丸」「中丸」「小丸」「剣崎健」「紅蜂」「ミスターX」 バケルくんの 「バケ左衛門」「オボロ」「ユメ代」「トロン」 「バギーちゃん」「熊虎鬼五郎」「中年スーパーマン左江内氏」 「流血鬼の3人」「ヒョンヒョロ」……けっこう描いたな(笑)。 ちなみにヒョンヒョロ→120129_hyon-hyoro

青年の夢に乗っからせてもらい まるで文化祭のような、楽しい気持ちを味わわせてもらいました♪ 完成動画の出来が、これまたスゴくてびっくりで感涙! 「藤子キャラ言えるかな?」は YouTubeでも見ることができるので いろんな人に見てもらえたら嬉しいなぁ♪ そして…先生方が喜んでくれたなら、こんなシアワセはないのだぁ〜!!  

ロボジー

 

おもしろかった!

なんと、あのミッキーカーチスが
(今回は「五十嵐信次郎」名義だが、本名ではないw)
よぼよぼのお爺ちゃん役というだけでも
見所というもの。

いろんな邦画に引っ張りだこ
吉高由里子ちゃんの
安定のコメディエンヌぶり♪

そしてこれまた安定の
ほんわか役者の濱田岳くん。

人生の孤独や悲哀など、
ふつうは重くなりがちだし
あえて深刻に描きたくもなるようなテーマを
コメディに絡ませて描いた矢口史靖監督のみごとな手腕♪

エンドロールのちょっとレトロなイラストも
すごくいい感じなので見逃すべからず!


…と、おしなべて面白かったものの
なんとなく薄味感が否めないのはどうしたものか?

観ている間はけっこう笑えた気がするんだけどなぁ…。

 

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

 

おおっ、トム!つ、ついにやったなー!
M:Iシリーズ4作目にして、やっと素直に楽しめる娯楽アクション映画やー♪

前3作はことごとく裏切られた感が否めなかったため
今作を観ようか、かなり躊躇したのだけれど…
よかった!これは正月映画として見事なできばえだよ!!

安易な内部の裏切りなどはなく、
チームでミッションを遂行するという
本来の面白さが満載。
スタイリッシュなはずの秘密兵器がお笑いの要素として使われ
身体を張ったアクションで魅せるというのは
トムのミッション・インポッシブルならではの見所でもあるね。

コメディ要素とシリアスさがイイ具合に配置され
むしろトム・クルーズの格好良さが
今まで以上に際立っていたようにも思える。

今回のチームは
クールな美女っぷりが熱い
ジェーン・カーター役のポーラ・パットン♪

『宇宙人ポール』での記憶も新しく
なんともトボケた面白さで笑わせてくれる
ベンジー・ダン役のサイモン・ペグ。

秘めた過去を臭わせるウィリアム・ブラント役の
ジェレミー・リー・レナーと、
地味ながら絶妙にウマい配役っぷり!


このシリーズで、こんなに素直に楽しめて
スッキリしたのは初めてだよ!!

歴史に残る作品かっちゅうと微妙ではあるけど
映画館で観て損はしないと思うなぁ〜♪

トム〜、かなり長〜い道のりだったけど遂にやったね!!

 

ニューイヤーズ・イブ

 

2012年です!
ドリカムの曲『時間旅行』の歌詞にあった
「2012年の金環食」の年ですよ!
その曲が収められたアルバム『WONDER3』は1990年の発売だから
あれから22年も経っちゃったんだぁ。

一人の人間が立派に成人する時間を過ごしながら
まだまだ子供とは、あらあら嫌だ(市原悦子さん風に)。

…はい。
元旦には映画を観られなかったのだけれど、
今年もいっぱい好きな作品に出会えますように♪


そんなこんなで新年一本目の映画は
『ニューイヤーズ・イブ』!
大晦日が舞台の作品なんだから、
年末に観ればよかったかとも思いながら。

うん、面白かった!
こういう群像劇、好きなんだよねぇ~。
『ラブ・アクチュアリー』とか『バレンタインデー』とか
以前にも幾度となく観たことがあるような、ありがちな設定だけど、
ありがちな設定ということは
ハズレのない設定…なんじゃないかな。


別になにかをしなくちゃいけないわけではないのに
なにかやり残したことがあるんじゃないかと
気ばかり焦ってしまう大晦日。

この映画は、
様々な人たちの大晦日を描きながら
諦めて嘆いてばかりいないで
まず行動しちゃおう!という気持ちにさせてくれる。

もちろん、すべてが想い通りにいくことはなくても
行動した達成感に満たされる部分が爽快で、
とてもイイ♪


なんだか、今年も頑張れそうな気がしてきたなぁ〜。
あえて新年に
『ニューイヤーズ・イブ』を観てよかった!!

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ