8fc88c77.jpg
大人が観ても楽しめる!と好評な
劇場版クレヨンしんちゃん。
過去の作品は、何本かビデオで観た。
これがけっこう面白いんだよねぇ~。

タイトルや絵からは想像できないけど
ちょっと泣けたりしてね。

今回、初めて劇場に足を運んでみた。

サンバのリズムにのって
軽快な展開かと思ったら…
すこしホラータッチな始まりで
日常に潜む不安感みたいなものを感じた。

うぅ~ん、冗長な展開だなぁ~。

一気に盛り上がるでもなく
サンバのメロディーが、妙に物悲しい。
これじゃあ、大人どころか
子供も楽しめないんじゃ?!


いい評価を得ると、次からが大変なもんだけど
まさにそういう風に感じた。
アクの強いキャラクターたちが
活きる場を与えられず、空回りしているようだ。

初めにキャラクターありきの作品で
それがイマイチ動いていないとなると
魅力は半減だよねぇ~。