とある一日の出来事

YOGAってます♪

土曜の朝は
TIPNESSのヨガクラスで一週間のリセットをする。

千葉博美さんのレッスンは
庶民的なトークも面白くて、
心と身体をゆ~っくりほぐせる緩やかさがイイ♪

月曜の夜は仕事で行けないことも多いけど、
村上佳菜子さんのHATHA YOGAが楽しい♪
アサナのポイント指導が丁寧で
ジワ~ッと身体に効くのが分かるんだよねぇ~。


先日、HATHA YOGA ディープ・ブレス・フロウの
DVDを監修した
赤沼直美さんのレッスンを受ける機会があった。

「そんな有名な先生、怖かったらどうしよう?!」
なんて不安もあったけど、いやいや全然。
とても小柄で、優しい雰囲気の素敵な女性。
リラックスした雰囲気の心地いいレッスンでした♪

他店舗に行けるチャンスは少ないけど
また色々なイントラさんのレッスンを受けてみたいなぁ。

 

ラ・ピスタ新橋に感謝!

 

新橋駅・SL広場前にある
競輪の場外車券売場「ラ・ピスタ新橋」。

競輪をやらない僕にとって、
一生縁のない場所だと思っていたのだけれど…。


3.11東日本大地震の夜は
都内に職場のある僕も帰宅難民だった。

メトロは深夜に運転再開し、終夜運転をしてくれたけれど
JRは全く動かなかったため新橋で足止め。
駅に敷かれたブルーシートで電車を待つには、
底冷えがあまりにも厳しい朝方。

不安と焦燥感が漂うSL広場に
一条の光が(ちょっと大げさ)!
「ラ・ピスタ新橋」が無料開放されていたのです。

とりあえずトイレを借りようと中に入ると
なんとベンダーを無料で開放。

暖かい室内だけでもありがたいのに、
温か~いココアまで頂けました♪
ありがたや、ありがたや。

暖をとりながら朝まで休憩させてもらったおかげで
頑張って歩きだすことができました。


きっと、ふたたび行くことはないだろうけど
このお礼は、
いつか誰かに親切を渡すことで返したいな。

ラ・ピスタ新橋の方々、
ホントに助かりました。
感謝・感謝ですー!!

 

こだまでしょうか


いいえ、誰でも

ACのCMが大量に流されたことに対して テレビ局やACに苦情が殺到というニュースを聞いた。 たしかにあれだけ流されたらお腹いっぱいではあるけれど CM自体はとても良質なものだし (僕はUAが朗読している金子みすゞさんの詩が好きだな) 普通に賑やかなCMを流したりしていたら、 それこそ苦情が殺到しちゃっただろうしなぁ~。 「やさしく話しかければ、やさしく相手も答えてくれる」って わざわざ苦情電話をするような人にこそ 届いてほしいメッセージだと思うな。

映画が観たい!


震災の影響で、
ラゾーナに入っているシネコン
109シネマズ川崎は、いまだに休館中。

チネチッタとTOHOシネマズ川崎も
営業を再開してはいるものの
計画停電の影響もあって上映本数大幅減。

映画どころじゃない…という意見も分かる。
だけど、
この事態が早急に復旧する見通しがたたない中で
節約や自粛は自分のできる範囲でやらなければ続けられない。

適度なエンターテインメントは
けっして「無駄」ではないし
むしろ、こういう時にこそ「必要」なんだと僕は思う!

アンパンマンのマーチ


こんなに一瞬にしてすべてが変わってしまうなんて…。
恐ろしい映像や不安を煽る情報があふれかえる中、 ラジオからの音楽にホッとさせられた。 避難所のこどもたちに少しでも希望を…とFMで流された アンパンマンのマーチ。 今までは GROOVE LINEでピストンさんがいじってる曲程度の印象で こんなにじっくり聞いたことはなかったけど、 やなせたかしさんの言葉のひとつひとつが、とても深く優しい。 ホントに涙が出た。 ♪そうだ うれしいんだ  生きるよろこび  たとえ胸の傷がいたんでも♪ 現実を伝える報道はもちろん必要だけれど それがすべてにならないように。 悲しみだけにすべてが埋め尽くされないように。 笑顔が一日も早く生まれることを祈って、 僕も今日を生きて行かなくてはね。
頑張ろー!!!

フェルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展

 

「東京初上陸」って、
日本初上陸かと思っちゃったじゃん。
いやらしいコピーだなぁ~。


11年前に開催された、
『日蘭交流400周年記念特別展覧会 フェルメールとその時代』。
東京には来ないというので大阪市立美術館まで足を運んで観た
『真珠の耳飾りの少女』の衝撃に隠れてしまって
正直『地理学者』は印象に残ってないけど…。


3月3日からBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている
『フェルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展』。
始まったばかりの3月6日ではどれだけ並ばされるのか…と思って行ったら
意外にもまったく並ばず、すんなり入場できた。

佐々木蔵之介さんの音声ガイドを借りたのだが…1つ1つが長い!

1つの作品前に意固地に立ち尽くしているのは
スマートな鑑賞スタイルではない。
展示スペースに合わせた時間配分で、簡潔な解説にして欲しいものだ。


同ミュージアムでは、年末12月23日から、
『フェルメールからのラブレター展』というのを開催するらしい。
そこでは『手紙を読む青衣の女』が公開される予定。
今度こそ本当に日本初上陸(のはず)!

『手紙を読む青衣の女』とともに
『手紙を書く女』『手紙を書く女と召使い』の
手紙3作が揃う展覧会となれば、期待せずにはいられないのだー♪

 

ネットが使えなくなったぁ~!

年末の大掃除中に
ブレーカーに触って落としてしまった。

その際、ADSLルーターが壊れてしまったようで
メールはもちろん、
インターネットが使えない状態が
年末年始の2週間近く続いた。

いやぁ~不便だった!
いかにネットに頼って生きていたのかがよくわかった。


まったく興味のなかったiPhoneを
いまさらながら欲しくなっちゃった頃、
思い出したかのようにADSLルーターが復旧。

あんなに再起動やらなんやらを試してダメだったのにぃ~!!

今度は落とさないよう気をつけなくちゃね。

手作り『なんちゃっておせち』

「おせちには、好きなものがない」という人が結構いる。

そんな人でも喜んで食べられる
甘くない栗きんとんを作ろうとして、
カレー風味のポテトサラダを作ったのが始まりの
『なんちゃっておせち』。

以下は今年2011年の正月用に、僕が手作りした
『なんちゃっておせち』のお品書きです。

110101OSECHI◆うずらの煮卵
◆蕪とカニかまの柚子ポン酢和え
◆じゃが芋の蒸し炒め・アンチョビ風味
◆ミックスビーンズとタマネギスライスの
 マリネサラダ ◆京人参のナムル ◆蓮根と芽キャベツの焼サラダ
 オニオンドレッシング ◆焼豚 ◆海老とブロッコリーのペペロンチーノ ◆茹で鶏のゴマソース ◆タコとワサビ菜とスモークサーモンのバジルドレッシング和え 難しいレシピは1つもないし、 高価な食材は年末異常に高いタコぐらい。 年の瀬にはこれだけ作るのすら大変だけど、 お重に詰めれば一気に正月らしい食卓になるのがすごく楽しいのです。 二万円・三万円、はたまたン十万円という出来合いのおせちを 購入できるほど裕福じゃない僕は、 これからも、できる範囲で『なんちゃっておせち』を 手作りしていきたいもんです。

「観る」と「見る」


3週間ほど、映画館から足が遠のいている。 予定が詰まっているのもあるけれど、 なんとか時間を捻出してでも観たい!と思うような 惹かれる作品がなかったのも一因だ。 あまりテレビはつけないものの 好きな映画が放送されているとついつい見てしまう。 たとえDVDを持っていても見ちゃうのだ。 近々では 『かもめ食堂』や『カリオストロの城』を見た。 いったい何回見ているんだか…。 だけど14型のブラウン管で見ても、やっぱり面白いわぁ~♪ 友達の家でワイワイ言いながら『エクスクロス』を見た。 劇場では観られなかった(というか観なかった)作品だ。 序盤はホラーで途中アクション、最後はコメディ?! カテゴライズできない予測不能な展開で、 半端じゃない激しさと、突き抜け方が面白かった! 小沢真珠ちゃん、凄過ぎです♪ 劇場では「観る」 テレビは「見る」 微妙にニュアンスが違うように思う。 今週末こそ、観たい作品が出てくるといいな。
 

僕にとっての『パリのレストラン』

もう、ずいぶん前の作品だけど
『パリのレストラン』という映画が好きだ。

パリのとあるレストランの閉店前夜が舞台。
その最後の晩さんに集まった常連客たちの
それぞれの人間模様が絡み合い凝縮された
まるで一夜の夢のような、切なくも素敵な作品だ。


渋谷から一駅の池尻大橋に
『Terra Karra』という
小さな小さなレストランがあった。
僕にとっての、まさに『パリのレストラン』だ。

毎週のように通い、とりとめのない会話を楽しんだり、
会社帰りに、ちょっと愚痴をこぼしに行ったり、
映画の余韻を話したくて寄ったり。

川崎に住む僕には、
池尻大橋はちょっと遠いにも関わらず
幾度となく足を運び、食事と会話を楽しんだ。

楽しい思い出と、たくさんの出会いがあった場所。


ここ数年は、あまり行くこともなくなっていたのが
今さらながら悔やまれる。


1995年10月にオープンしたその店は
2007年7月に幕を閉じた。
最後の晩餐どころか、
「閉店しました」のメールが届いて閉店を知ったので
映画のように余韻に浸ることもなく…。

なんだか、まだ信じられないなぁ。

12年近くもの間、そこにあった『Terra Karra』。

お疲れさまでした!
そして、
どうもありがとう!!
13ce2cde.gif
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ