イイネ!

CINECITTA'名画座 1954年『ゴジラ』



我が家のテレビは19型。 部屋が狭いのもあるけれど、 大画面で見たいテレビもないので 僕にはちょうどいいのである♪ 映画を見るには圧倒的に物足りないけれど 映画は映画館で観ればいいので、まったく問題なし! 近年ではシネコンでも 名画上映してくれることが増えていてすごく嬉しい!! 数年前に惜しまれつつ閉館した名画座「文芸坐」も 昨年2012年の12月に「新文芸坐」として復活したらしいし 「映画はやっぱり映画館で」 という声が根強いんだろうなぁ〜♪ モーニングショーだけではあるけれど 『CINECITTA'名画座』として名画を上映しているチネチッタで 1954年の作品『ゴジラ』を観てきた。 怪獣たちが闘いあう子供向けの怪獣映画ではなく、 生物学者や科学者の心情なども描かれているこの作品。 あらためて大きいスクリーンで観るのも オツなものですね♪

実際に、劇場も他の新作以上にすごく賑わってたし\(≧▽≦)/!! この勢いで、レイトショーでも名画上映をやってくれたら 行きやすくて嬉しいんだけどなぁ…。 映画バンザイ!!!!

劇団四季の『マンマ・ミーア!』

 

劇団四季の舞台『マンマ・ミーア!』を観てきた。

ゴスペルミュージカル
『MAMA,I WANT TO SING.』が大好きで
来日するたびに観に行っていたし
ミュージカル映画も嫌いではない。

だけど、
これまで日本のミュージカルを観たことがなかった。

ミュージカルとはいえ『マンマ・ミーア!』は
ABBAの歌で構成されているので、
とても気楽な演目だ。
単純で下世話、
そしてファンキーな内容ということもあって
とても楽しく観られた。

ミュージカルは会話の途中で歌になっちゃうのが嫌という人もいるけれど
そんな人は、はなから観なきゃいいだけの話しである。


僕が気になったのは、セリフ回しだ。

芝居がかった発声は舞台だから当たり前なんだけど、
感情はなにも入らず
ただ大きい声でしゃべっているだけとしか思えない人がいて…。
あえて、そういう演出だとしたら…意味がわからない。

劇場はけっして大きくないものの
やはり生で繰り広げられるダンスシーンは楽しいねー!

そして最後のド派手なABBAナンバーのステージ♪
イイなぁ~、このぶっ飛んだ感じ!


メリル・ストリープとアマンダ・セイフライドの主演で
映画化されたのも記憶に新しいこの作品。
気負わず、笑っていい気分になれちゃう
にぎやかで楽しいステージでした!!

 

ラ・ピスタ新橋に感謝!

 

新橋駅・SL広場前にある
競輪の場外車券売場「ラ・ピスタ新橋」。

競輪をやらない僕にとって、
一生縁のない場所だと思っていたのだけれど…。


3.11東日本大地震の夜は
都内に職場のある僕も帰宅難民だった。

メトロは深夜に運転再開し、終夜運転をしてくれたけれど
JRは全く動かなかったため新橋で足止め。
駅に敷かれたブルーシートで電車を待つには、
底冷えがあまりにも厳しい朝方。

不安と焦燥感が漂うSL広場に
一条の光が(ちょっと大げさ)!
「ラ・ピスタ新橋」が無料開放されていたのです。

とりあえずトイレを借りようと中に入ると
なんとベンダーを無料で開放。

暖かい室内だけでもありがたいのに、
温か~いココアまで頂けました♪
ありがたや、ありがたや。

暖をとりながら朝まで休憩させてもらったおかげで
頑張って歩きだすことができました。


きっと、ふたたび行くことはないだろうけど
このお礼は、
いつか誰かに親切を渡すことで返したいな。

ラ・ピスタ新橋の方々、
ホントに助かりました。
感謝・感謝ですー!!

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ