映画 た行

東京オアシス

 


うぅ~ん…何もないにもほどがあるぞ。

無駄なシーンが多い…というか
必要なシーンすらないという感じ。


絵になるシーンがちょっとはあるけど
写真集じゃなくて
映画なんだからさぁ…。

映像とチグハグだし、
台詞とくらべて急に音が大きくなるわでイイとこなしのBGM。

「東京オアシス」ってエンディングで
なんとなくキレイにまとめられても
なんだかなぁ~。


僕にとっては、
映画を観ずにボォ~っとしていたほうが
よっぽどオアシスな時間だったと断言できるよ。

劇中、映画館のポスターで使われていた
アキ・カウリスマキの『過去のない男』や『街のあかり』は
何もないのに何かが滲み出てくる見事な作品だというのが
ホント皮肉だ。

 

探偵はBARにいる

 

大泉洋って、
格好つけてもイマイチ決まり切らない面白さとか、
なんだか抜けているのにすごく格好良く見えちゃうとか、
そんな部分がけっこう好きだったんだけどなぁ~。

この作品では、本気で格好つけ過ぎ。
どうも鼻につくキャラクターで、感情移入ができなかった。

松田龍平くんが演じるちょっと変な相棒とも
(瑛太くんと共演した「まほろ駅前多田便利軒」と演技が一緒…)
いまいちウマく絡まず仕舞い。
ウマく絡めばもっと面白くなったんじゃないかなぁ~。

人間を描くかのような設定は散りばめられているものの
場面場面で唐突に感情的になられても心の動きに共感できない。

もっとお気楽で、トコトンおバカで、
だけど最後はぴっちりキメちゃう!みたいにできなかったのかなぁ~。

小雪ちゃんの演技や、妖艶な安藤玉恵(笑)や、味のあるカルメン・マキ♪
今まで見たことのなかったぶっ飛んだキャラの高嶋政伸などなど
見所も多いだけに残念だ。

テレビドラマだったら面白く感じるのかもしれないけど…
僕には北海道の映像よりも、ただただお寒く感じられた作品だったよ。

 

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

 

1作目は面白かったのに…。

いたずらに賑やかしく
抑揚が少なくて単調・退屈な展開。

いや、そりゃあ映像は迫力あるけどさ~
あんなにダラダラ長いと、ただ疲れるだけで何がなんだか…。

見所満載というより、見所散漫という感じだよ。

心に残ることを期待する類いの作品ではないから
観ている間だけ
単純に楽しめれば、それでいいんだけどなぁ。

 

デビル (2011年 M・ナイト・シャマラン 原案・製作)

 

今回は原案・製作ということで、監督ではないにしろ
「M・ナイト・シャマラン」と名前があるだけで
観る気がしないという人も多いんじゃないだろうか?

「シックス・センス」ではかなりの支持を得たにも関わらず
それ以降、肩すかしをくらったような印象の作品が続いていたからね。

それでも、今回の『デビル』は面白かった!

期待が高まっての種明かしで
「え?そんなオチなの?そのまんまぢゃん!」ってことがないのが
一番の勝因かも。

だって、最初っから悪魔の仕業だって言い続けてるしね。

よくありがちな
「一番怖いのは人の心の中の悪魔だ!」
というベタなニュアンスも含めて
停まったエレベーターという密室の怖さで
おいらの心臓はバクバクでした。

気分が悪くなるシーンもたくさん出てきたけど
観終わって、嫌な気分にはならないエンディングにほっ。


映画観賞後、同じ劇場から出てきた人と
エレベーターで二人きりに。
…お互い、なんか緊張した変な空気だったな(笑)。

 

ダンシング・チャップリン

 

周防さんによる
草刈民代さんのための映画かと思ったら
男性バレエ・ダンサーである
ルイジ・ボニーノさんを中心に描かれていた。

僕はバレエ・ダンサーといえば
ナルシストで神経質な人というイメージがあったのだが
彼はとてもほがらか。
きっと人に見せない部分での努力はすごいんだろうけれど
そんなストイックさはほとんど感じさせない笑顔と人柄が
とても魅力的だった。

映画の前半・第一幕は、
舞台を作り上げていく過程のドキュメンタリー。
退屈するのでは?と思いきや
プロフェッショナルの仕事っぷりに引き込まれた。
面白い!

幕間
なぜか5分の休憩である。
映画が特別長いわけでもなく、
トイレ休憩にしては短く微妙な感じ。

僕が観た時の客層は、年配の女性中心。
ほんの5分の休憩なのに、まぁ~喋る!しゃべる!!

作品の意図としては面白いものの
僕にとっては苦痛の5分間だった。

んで、後半の第二幕。
『ダンシング・チャップリン』の舞台だ。

ルイジ・ボニーノさんの名演と
草刈民代さんのキュートでパワフルな表現力が素晴らしい!
そして、惚れ惚れするほど
指先まで美しいんだよねぇ~♪

短い舞台を観ているような作りながらも、
これは、やはり映画だ。
カーテンコール的な余韻がないのは
ちょっと残念だったなぁ〜。

 

塔の上のラプンツェル

 

とにかくキレイ!

タイの提灯祭りをほうふつとさせるシーンは
(っていうか、まんまそのもの?)
ふんわりと浮かび上がるさまと
光に包まれるような幻想的な美しさに、
思わずため息が出るほど! 未知のものや世界に対する抑えがたい好奇心と、 親離れしていくこととの葛藤が 説教臭くなく盛り込まれたストーリーもイイね。 唐突にミュージカルになるのは ディズニーのお約束。 中川翔子ちゃんって歌うまいんだなぁ~。と思ったら 歌は小此木麻里さんという方の吹き替えでした。 いい声ですねぇ~♪ キャラクターもよく動くし アクションシーンも盛りだくさん。 どこかで見たことがあるような要素が多いので 映画としてのインパクトはちょりっと薄いけど 素直に楽しめて面白かった!!  

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~

 

新しいキャスト・スタッフによる新シリーズも
6作目にして、ついに名作が誕生しましたよー♪

タイトルは
『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
あいかわらず長々しいサブタイトルはご愛嬌。

今までのリメイクでは、
映画オリジナルの設定が活かしきれず
蛇足感ありありの改悪が多かったけれど
今回は違う!

ゲストキャラクター・ピッポの加入は、
旧『鉄人兵団』のミクロスでは補いきれなかった部分を
うまくフォロー。
それぞれの登場人物たちの心情もより深く掘り下げられて
ストーリーに更なる厚みが加わってます。

新作でのミクロスの扱いは可哀想だけど…。


過去に干渉して、すべてを無かったことにしちゃうラストは
安直だし、反則に近い集約の仕方ではあるけど、
その矛盾点ばかりをあげへつらうのは野暮。

タイムパラドックスに関わる作品を多く描いているF氏が
そんなことは糞食らえとばかりに描いた本作には、
説明できない感情に
自己犠牲をもいとわないという美しい「こころ」が
とても自然に描かれてます。
うぅ~ん、素晴らしいねー!!

リルル〜〜〜〜〜〜!!!! アクションやキャラクターの表情などの 作画の完成度に、やっと中身が追いついた感じがする。 今回も挿入歌で参加のマイクスギヤマさん♪ 彼はホントいい仕事しますねー!! 旧作の主題歌「わたしが不思議」のような 作品と一体化した使い方は難しかったのかもしれないけど BUMP OF CHICKEN『友達の唄』は主題歌として もっと効果的に使って欲しかったなぁ~。 残念! お約束の次回予告には「モア」登場! これは、まさかの てんコミ17巻『モアよドードーよ永遠に』が大抜擢?! それとも『雲の王国』ってことかな? とりあえず、今年の『鉄人兵団』は もう一回劇場で観て、変身ザンダドラもらっとこうかな♪

冷たい熱帯魚

ゔぇぇぇぇぇ~~~~
壮絶にエグかったぁ~。
観なきゃよかった。

「Winkじゃないよ」なんて、
軽い口調で始めようと思ってたけど
ちょっとそんな気分にはなれないや…。

吹越満のシュールさや
黒沢あすかちゃんの変態っぷりも凄いけど
でんでんの圧倒的な迫力と押しの強さはもの凄い!

…ただ、この作品のような表面的な刺激には
心が震える怖さは皆無。
ただいたずらに
不快感による胸焼けだけが残った。

僕は、まったく受け付けないや。

トロン:レガシー


IMAX3Dを初体験!

3D眼鏡をかけてもクリアな映像で、
通常の3Dが苦手な僕でも比較的疲れにくかったかも。
体に響きわたる重低音の迫力ある音響。

まさにデジタル処理された映像鑑賞のための設備なんだろうな。
これで映画が面白かったら最高なんだけど…。


たしかに映像は斬新で格好良いものの
画面構成や構図という意味では及第点。
あえて3Dじゃなくてもイイなぁ~。

B級に徹して、単純明快でスカッと楽しめる
アトラクションムービーにしてくれたら良かったのになぁ。

トイレット



お涙頂戴になりがちな題材を
一風変わったコメディ仕立てにしてるところが
好きだなぁ〜♪ もたいまさこさん以外は ほぼカナダ人が演じていることによって どこか非日常の物語にも感じられる。 シュールではないけど、基本はローテンション。 説明はほとんどなく、 表情だけで様々なことを想像させられる。 …っていうか、想像しないとついて行けないし(笑)。 どこかにこういうヘンテコな人たちがいるんだな。 と、受け入れて、楽しむ。 この映画は ただそれだけで良いんだと思う。 それ以上でも、 それ以下でもない、ユルさこそが可笑しく
ク〜ル

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ