アキ・カウリスマキ

ル・アーヴルの靴みがき

 

アキ・カウリスマキ監督の新作だよー!!!!!!
この監督の独特の世界観、うぅ〜んたまらない♪


彼の作品は
「現代のおとぎばなしだ」などと言う人もいるくらい
どこか現実味がない。

どこか…というか、かなりかも(笑)。


無表情なのに伝わってくる思い。
無表情だからこそ生まれる、緊張と弛緩。

ロケをしていても、まるでセットで撮影したかのような
平面的な照明と画面構成。
不自然な動作と、単調な展開。


こう書くと、どこが面白いの?
と思われるとは思うが、仕方ない。

本当にそんな感じなのに
なんだか面白いのだから。


ただ、
『浮き雲』や『過去のない男』という傑作と比べると
本作はちょっと奇跡が唐突すぎるんだよなぁ〜。


人間の善意と清廉さ。
現実味が薄いからこそ、どぎつくならずにはんなりと沁みる感じ。

めちゃくちゃ面白い!という類いの作品ではないので
カルヴァドスでもちびりちびりと飲みながら
ゆったり観るのがおすすめです!!!

 

東京オアシス

 


うぅ~ん…何もないにもほどがあるぞ。

無駄なシーンが多い…というか
必要なシーンすらないという感じ。


絵になるシーンがちょっとはあるけど
写真集じゃなくて
映画なんだからさぁ…。

映像とチグハグだし、
台詞とくらべて急に音が大きくなるわでイイとこなしのBGM。

「東京オアシス」ってエンディングで
なんとなくキレイにまとめられても
なんだかなぁ~。


僕にとっては、
映画を観ずにボォ~っとしていたほうが
よっぽどオアシスな時間だったと断言できるよ。

劇中、映画館のポスターで使われていた
アキ・カウリスマキの『過去のない男』や『街のあかり』は
何もないのに何かが滲み出てくる見事な作品だというのが
ホント皮肉だ。

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ