映画ドラえもん

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜


実に、一年ぶりのブログになってしまいました。
この一年にも、素晴らしい映画は何本かあったのに (^▽^;) 。


……はい。そんなこんなで、またまた春です。
映画ドラえもんの季節でございます!!

本年2014年の作品は、
1982年公開「ドラえもん のび太の大魔境」のリメイク、
『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜』です。
140309_Kis-My・F・t2


映画ならではの「ジャイアンが大活躍」という見所はあるものの
正直、子供のころですら「地味な作品だな〜」と思った記憶がある原作。
新キャラか新設定による
カンフル剤の投入は仕方ないだろうなと思っていたのですが……。


唐突ですが結論から。
このリメイクは極上!

原作にかなり忠実に、
そして、ただ原作をなぞるだけでなく
過度にならない程度に削り膨らませる絶妙な塩梅!!

今回が監督初となるという八鍬新之介監督に
スタンディングオベーションなのであります!!!


「ペコ」ことクンタック王子は
かなり表情豊かなキャラに変更。
犬の可愛らしさを活かした動きと、
声優である小林ゆうさんのちょっとハスキーな声と相まって
温かみの中に品を感じられ、すごく魅力的でした!

140309_すごいと思ってた小栗旬くんの好演にもより
渋さと迫力が倍増した
サベール隊長。
彼の過去に何があったのか、
本当に死んだのか?など
想像をかき立てられる
深みを感じました。


原作にはない
華やかさがプラスされて
劇的に可憐になった
スピアナ姫。
演技がしっかりしていたなら
もっと、ねぇ、
嗚呼勿体ない……。

のび太くんがペコと育んだ関係が
原作にはないシーンの追加によってより深く、
ジャイアンとペコとの間に生まれた男の友情も
ちょっとした表情などの丁寧な描写でさらに熱く!
ふたつの違う友情のあり方が見事に両立しています。


1982年公開の大魔境では
岩渕まことさんの『だからみんなで』が印象的でしたが、
140309_岩渕まこと/だからみんなで

今回の映画では木村昴くんが美声で歌う
『友達』が効果的に使われています。
キレイなジャイアンどころじゃないカッコいいジャイアンには、
お父さんも胸を熱くしてしまうこと必至です!

主題歌であるKis-My-Ft2の『光のシグナル』もいい歌だけど
『友達』が主題歌でも良かったんじゃないかしら?
140309_デザインカプチーノ_大長編ドラえもん03_のび太の大魔境


本筋には関係ないですが
僕は三石琴乃さんの演技を多いに評価したい!
登場シーンもセリフも少ないのび太のママだけど、
なんとも見事なコメディエンヌぶり!
こういう仕事を見せていただくと、ほんの短いセリフでも
声優さんの演技次第でいかようにも輝くんだなぁと
つくづく関心させられました♪


『藤子・F・不二雄 生誕80周年記念作品』という冠に恥じない
素晴らしい出来栄えの本作。
『アナと雪の女王』も極上の逸品ですが、
お父さんと息子さんとで劇場に足を運ぶならこちらも是非!
是非とも大きいスクリーンで観るべしっ\(≧▽≦)/!!!


さてさて2015年の映画ドラえもん、
宇宙モノってことは分かるけど一体何でしょう?
『宇宙小戦争』はたまた『アメイジング宇宙開拓史』?
オリジナル新作ですかね?

夏の映画、3DCG『STAND BY ME ドラえもん』共々
魚肉ソーセージでも食べながら気長に待ちましょう!!!
 
140309_ペコと3本の魚肉ソーセージ


ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)



今年も来ました3月といえば
映画ドラえもんの季節でございます!
題して
『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
パフパフ\(≧▽≦)/!!


これまでの映画ドラえもんといえば
異世界で大冒険して、最後に泣いて…というイメージだったけど
今回はかな〜り違う。

Perfumeが起用された主題歌
『未来のミュージアム』からも分かるように
全編に渡ってコミカルなのです♪
130227Per・F・ume

ドラえもんは「夢がある作品」と言う人もいるし それは間違ってはいない一面なのだけれど、 本来の持ち味はドタバタギャグ。 現在放送中であるテレビアニメ版の良さである ハチャメチャな部分を、映画が引き継いでいるのがすごく新鮮で まさに今のドラえもんならではという感じ\(≧▽≦)/!!! 説明的な部分でテンポが落ちるダレ場はちょっと残念だけど それを補ってあまりある楽しさに溢れているのがイイ! 感動を押し売りしない潔い切り方も心地良い。 「ひみつ道具」を最大限に活かした賑やかな展開。 ひみつ道具対決に謎解き。 ゲストキャラ・クルト少年を筆頭に 細かい仕草や表情で構築された活きたキャラクターたち。 ……などなど見所満載。 そしてなにより、 ドラえもんとのび太くんの友情の描き方が素晴らしい! ドラえもんがのび太くんに言う言葉が「……」 うほほ〜!たまんなぁ〜い!!!! そこのひと言をここには記さないので、 是非劇場で聞いて味わってもらいたいです! たとえ駄目なところがいっぱいあっても 人にはいいところがきっとあるはず。 楽しさの根底に流れる 寺本監督からの優しいメッセージ。 こどもたちのためのドラえもんとして 極上の出来栄えでした!! すごく楽しかったー\(≧▽≦)/!! さてさて、来年は…… 岩渕まことさんの「だからみんなで」を聴きながら待ちましょう!

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~

 

新しいキャスト・スタッフによる新シリーズも
6作目にして、ついに名作が誕生しましたよー♪

タイトルは
『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
あいかわらず長々しいサブタイトルはご愛嬌。

今までのリメイクでは、
映画オリジナルの設定が活かしきれず
蛇足感ありありの改悪が多かったけれど
今回は違う!

ゲストキャラクター・ピッポの加入は、
旧『鉄人兵団』のミクロスでは補いきれなかった部分を
うまくフォロー。
それぞれの登場人物たちの心情もより深く掘り下げられて
ストーリーに更なる厚みが加わってます。

新作でのミクロスの扱いは可哀想だけど…。


過去に干渉して、すべてを無かったことにしちゃうラストは
安直だし、反則に近い集約の仕方ではあるけど、
その矛盾点ばかりをあげへつらうのは野暮。

タイムパラドックスに関わる作品を多く描いているF氏が
そんなことは糞食らえとばかりに描いた本作には、
説明できない感情に
自己犠牲をもいとわないという美しい「こころ」が
とても自然に描かれてます。
うぅ~ん、素晴らしいねー!!

リルル〜〜〜〜〜〜!!!! アクションやキャラクターの表情などの 作画の完成度に、やっと中身が追いついた感じがする。 今回も挿入歌で参加のマイクスギヤマさん♪ 彼はホントいい仕事しますねー!! 旧作の主題歌「わたしが不思議」のような 作品と一体化した使い方は難しかったのかもしれないけど BUMP OF CHICKEN『友達の唄』は主題歌として もっと効果的に使って欲しかったなぁ~。 残念! お約束の次回予告には「モア」登場! これは、まさかの てんコミ17巻『モアよドードーよ永遠に』が大抜擢?! それとも『雲の王国』ってことかな? とりあえず、今年の『鉄人兵団』は もう一回劇場で観て、変身ザンダドラもらっとこうかな♪

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ