阿部寛

テルマエ・ロマエ

 

阿部ちゃんがローマ人役という設定が
すでにギャグ。

かなり笑えたし、
面白かった。

原作の
真面目な中からにじみ出てくる
独特の面白さとは別物。
エッセンスを抽出してはいるものの
万人受けしそうな
いかにも分かりやすいベタな笑いが多い。

ヤマザキマリさんの原作漫画を初めて読んだ時は
そのオリジナリティに驚いたけれど
映画だと、なぜだか平凡なのが不思議だ…。

ハズレ映画ではないと思うし、面白いんだけど…
ちょっと期待し過ぎちゃったかなぁ〜。

ワイワイと大人数で観ると
盛り上がるタイプの作品かもしれないね。

 

ステキな金縛り

 

こういう作品、好きだぁーーーーー♪

140分という長尺にも関わらず、
飽きずに笑いっぱなしというのがスゴい。

初っぱなこそサスペンスタッチ(?)ではあるものの
そこから先はずぅ~っとコメディ。
体を張ったドタバタコメディというよりは
セリフや行動から醸し出される可笑しさ満載。

顔の売れている役者さんたちが
一歩間違えばキャリアに傷がつきそうな役を
実に楽しそうに演じている。


主演の深津絵里ちゃんは、やり過ぎにならない
コメディエンヌぶりが可愛らしい♪
甲斐甲斐しい木下隆行くんもよかったなぁ~。

阿部寛は、
相変わらずウマいんだか大根なんだか分からない
奇天烈な迷演技っぷりが思いっきり笑える。

中井貴一は、締めるとこをきっちり締めて
緊張感と弛緩の妙で笑わせる。
ホントに素晴らしい役者さんだなぁ~!

そしてやっぱりこの人、西田敏行!
言わずもがなの演技派だけれど
この人の表現力があって初めて成り立つシーンの多いこと。
落武者・更科六兵衛(さらしなろくべえ)役、
いやぁ~、笑わせていただきました!

クリームソーダをぶくぶくやるシーンがサイコー♪


他にも大勢の役者さんたちが入り乱れ、
玉手箱をぶちまけたかのように賑やかで
楽しく温かい映画に仕上がっている。

やっぱり僕は三谷幸喜監督作品、好きだなぁ~♪
すっごく面白かった!!


蛇足:
大泉洋が、エンドロールに写真だけの出演。
これは彼の登場シーンがカットされたのではなく
三谷幸喜との舞台つながりでの計らいらしいです。

本編が長かったのでカットされたのかと思った…(^▽^;)。

カットするなら、市村正親が演じる陰陽師「阿部つくつく」のくだりは
一切合切カットしちゃっても問題ないなぁ~…とも思ったんだけどな。

 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ