ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品にして
歴史的な大赤字といった
表面的な情報だけが先行して伝わってきたものの、
映画としてどうなのかはわからない。

観もせず他人のレビューを読んだだけでは
自分が面白いと思えるかどうかは分からないしね。


んで鑑賞。

ぬおぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!
満足!!!満腹!!!!!

CGしか見所がないというレビューもあったけど
キャラクターもよく描かれていたし
アクションや展開もすごく面白かった!


迫力とスピード感に溢れた映像に
アトラクションムービーとしての面白さ、
そして、
てんこ盛りのストーリー展開にも
ググッと引きつけられた。

あまりにてんこ盛り過ぎて
途中置いてきぼりになりそうなくらい(笑)。


僕はあまり疑問をもたずに
事象を受け入れながら映画を観ちゃうほうだけど
細かいところを気にしちゃったり、
想像力が乏しい人は
「よくわかんない」ってなるだろうな?。

原作「火星のプリンセス」は相当古いものらしく(1912年発表らしい)
今ごろ映画化されても…という古さも否めない。

洗練された斬新さを求める現代人に
この作品の泥臭さは合わなかったのかもしれないね。


ジョン・カーター役のテイラー・キッチュも格好良いし
火星のお姫様デジャー・ソリス役のリン・コリンズも
お姫様というには庶民的な感じだけれど
映画評論家のLiLiCoさんをシャープにした感じのパワフルな美人♪

あれ?偶然にも
二人とも『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に出てたね。


CGで描かれる、まるで6本腕のアバター
サーク族との民族を超えた交流や
ジョン・カーターの相棒として出てきた
ぶさいくで巨体な生き物ウーラの愛玩犬っぷりが最高!


これって、制作費と興行収益との関係で「大赤字」というのが
「大コケ」に改悪されて伝わっちゃったってことないのかな?
他のSF大作と較べても、
そんなにひどくないと思うんだけど…。

…ってなことで、
エンターテインメントSF大作としてお腹いっぱい♪
とても面白い作品でした!
これがヒットしないなんて、アメリカのほうが変なんじゃない?

前情報のせいか、日本の興行収益も微妙だというのがなんとも残念…。


それにしても「ウォルト・ディズニー生誕110周年記念」を
なぜアニメーションにしなかったのかが
気になるところだね。